東京オリンピック延期の影響は何?メリットとデメリットが気になる!

トランプ大統領から、コロナウイルスの影響から「2020年に開催される東京オリンピックは1年間延期にした方が良い」との発言がありました。

最初この話を聞いたとき、私も1年間東京オリンピックを延期することに賛成だと思いました。その理由は直観的ですが、1年間あればコロナウイルスの影響が落ち着くと思ったからです。

しかし、よく考えるとオリンピックを開催を延期せずに開催した方が良い場合もあるのではないかと思いました。

そうすると、まずは東京オリンピック開催延期のメリットとデメリットを知る必要があると思います。

そのメリットとデメリットが何であるか簡単にまとめてみました。

スポンサードリンク

東京オリンピック延期の影響

オリンピック延期にするための費用がかかる

オリンピック延期で出る損失額は、1年間で約6500億円といわれています。

この損失額の内訳としては大きく2つあります。

 ① 大会を延期するために費用

  • 競技場や選手村の維持管理コスト
  • 大会に関係する各種スポーツ団体への再準備経費
  • 広報費用など

 ② 大会を延期することによって失われる経済効果

  • オリンピック開催後に期待できたレガシー効果
    レガシーとは、長期にわたるポジティブな影響のことを指します。一般的にオリンピックのような大きなイベントを開催するとスポーツをする人が増えたり、インフラ整備によって利便性が向上したりと、オリンピック開催によって様々な経済効果が生まれます。
    延期するとレガシー効果が失われるので、その損失を指します。

観光産業へ損失が発生する

様々な国への渡航禁止や制限されている昨今のコロナウイルス事情を考慮すると、オリンピックが延期になったのならば、わざわざ日本へ行こうと思う人は少ないのではないでしょうか。

そうなるとオリンピック開催に向けて、飛行機やホテル、ツアーなどを予約している人の多くがキャンセルをすることになるかと思います。

こうなると予約を見込んでいた分の収益が無くなるので、一気に経営存続の問題になるかと思います。

体力の無い企業や業者が廃業する

1年間延期することによって、本来獲得していた仕事にすべて穴が空くことになります。

上位の企業がキャンセルを入れると、その下にぶら下がっている下位の下請け企業や業者にもかなり大きな打撃があります。

ホテルを例とするのであれば、料理やお酒、アメニティなどの仕入れをしている業者にも影響でますよね。

そうすると、個人で仕事を請け負っていた人や、オリンピックを頼りに経営していた企業などはキャンセルに耐えられないのではないでしょうか。

国が積極的に助成金支援を行わないと、1年後のオリンピック再開催に支障が出るかと思います。

スポンサードリンク

東京オリンピック延期のメリット

  • オリンピック開催が中止にならずに済む可能性がある
    オリンピック中止が何よりの経済的打撃だと思います。その中止に比べたら、延期はオリンピックが通常開催される余白があるだけマシであると思います。

  • 延期中にコロナウイルスの問題が解決される可能性がある
    特効薬、ワクチンが開発されれば、インフルエンザと同じような扱いになると思います。そうすれば通常通りのオリンピック開催ができるかと思います。

東京オリンピック延期のデメリット

  • オリンピック開催スケジュールの再調整に資金がかかる
    大会の運営費や人件費(5兆円)などの一部が無駄になる可能性がある。
    また、観戦チケットの取り扱いも大変そうだ。

  • 大会施設の維持管理費が別途にかかる
    オリンピック仕様に仕上がっている大会会場の維持費が数億円以上かかる可能性がある。

  • オリンピック後に計画されている出来事が延期される
    選手村の跡地は、オリンピック後にマンションが建つ予定である。
    そのマンションの建設スケジュールが遅れてしまうであろう。
    そのような出来事に影響が出る。

  • 観光客が減少する
    どのみちコロナウイルスの影響で観光客は減少していると思う。

  • 雇用の低下に繋がる
    1年後にオリンピックが開催されれば問題無さそうだが、一時的な雇用低下を招くであろう。

スポンサードリンク

まとめ

メリットとデメリットを挙げてみて思うことは、想像している以上に延期のメリットが可能性でしか無いということです。

延期したからと言って、オリンピックが半年、ないし1年後に開催されるかというのも正直分からないところ。

メリット、デメリットを踏まえた上で、オリンピック開催延期は中止よりもまだ良い考えだと思います。

ただ「現実的に延期が可能なのか?」というと、難しい面が数多く存在しているかと思います。

過去にも戦争が理由で、オリンピックが延期になったことがあります。

東京オリンピックの開催有無、延期に関しては、最適な判断をして欲しいですね。

【関連記事】

WHOがパンデミックス宣言してからというもの、数々の国で経済的にも猛威をふるっています。 身近なところで言えば、数々のイベントが自粛したり、大きなところで言えば、NY市場では3度ものストップ安が引き起こるなど、世界的にも不況になりつつあります。 そんな状況で収入が減り、生活に困っている人も増えているかと思います。 このような問題を対策するために政策として、給付金を支給する国が出てきており、日本も給付金を行うという宣言があった。 果たしてこの給付金の効果があるのか?気になって調べたのをまとめてみました。
オリンピックが1年間延期になったことで、ある意味強がりをしなくても良くなったので、そろそろ検査の敷居を低くする頃ではないかと考える。 検査のハードルが低くなると、必然と感染者も増えるだろう。ただ病床問題は解決しないであろうからある程度は抑制されると思うが、近い将来、首都閉鎖(ロックダウン)が起きる可能性は高いのではないか? 首都閉鎖(ロックダウン)が起きたときにいったい何が起こるのか?またもしそうなったときの為の心がけ、マナーや備えについて書いていきたいと思う。
本日3月30日に日本医師会が会見を行い、これ以上新型コロナウイルスの感染者が急激に増えると医療崩壊の危険性がある為、緊急事態宣言を出してほしいと要請した。 今は緊急事態宣言を出す瀬戸際と言われているが、緊急事態宣言の基準はいったい何であるのだろうか?その基準からいつ緊急事態宣言がだされるのだろうか。 また、国が緊急事態宣言を出すことにためらっている理由が気になりますよね。 緊急事態宣言を出した時のメリットやデメリットがどんなものであるのか、簡単にまとめてみた。
スポンサーリンク
Ad