緊急事態宣言の基準は何?メリットとデメリット、いつ出るかも気になる!

本日3月30日に日本医師会が会見を行い、これ以上新型コロナウイルスの感染者が急激に増えると医療崩壊の危険性がある為、緊急事態宣言を出してほしいと要請した。

今は緊急事態宣言を出す瀬戸際と言われているが、緊急事態宣言の基準はいったい何であるのだろうか?その基準からいつ緊急事態宣言がだされるのだろうか。

また、国が緊急事態宣言を出すことにためらっている理由が気になりますよね。

緊急事態宣言を出した時のメリットやデメリットがどんなものであるのか、簡単にまとめてみた。

スポンサードリンク

緊急事態宣言の基準は何?

東京都、並びに周辺県に関して、下記のような基準が緊急事態宣言を出すか出さないかの判断材料となっている。

①判明した陽性者数が1日あたり100人を超えるかどうか

②感染経路が不明の感染者の割合

③患者数と病床数の兼ね合い

出典:https://www.asahi.com/articles/ASN3Z5WZMN3ZUTFL009.html

 

今現在①と②が急激に増えており、③の余裕も無くなってきた為に日本医師会が緊急事態宣言を求めてきたと思える。

そんなこともあってなのか、3月25日~29日にかけて、連日40人を超える感染者が出続けたにも関わらず、30日は13人となった。


出典:東京都公式の最新情報より – https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/

感染者の出る人数がコントロールされているのではないかと感じてしまう…。

そう感じてしまう理由として、「オリンピック1年間延期決定後に感染者が急に増えている」のと「日本医師会の会見後に急に減っている」ことが顕著に分かるからだ。

 

また、過去に起きた新型インフルエンザ(H5N1)の時に出された、緊急事態宣言の基準も参考になるかと思ったので、下記に貼っておく。

国民の生命及び健康に著しく重大な被害を与えるおそれがあるもの「新型インフルエンザ等が国内で発生し、当該疾病の全国的かつ急速なまん延により国民生活及び国民経済に甚大な影響を及ぼすおそれがある事態が発生したと認めるとき

出典:内閣官房 – 新型インフルエンザ等緊急事態宣言について
https://www.cas.go.jp/jp/seisaku/ful/yusikisyakaigi/dai2/siryou1.pdf

抽象的にでよく分かりにくいですが、この文章から読み取るに現状でほぼ基準が満たされているように見える。

スポンサードリンク

緊急事態宣言のメリットは?

新型コロナウイルスの感染者が出る速度を緩やかにできる

観戦爆発のような、同時期に大量の患者が出ると病床が足りなくなり、治療が受けられない人が数多く出てしまう。

しかし、緊急事態宣言によって通勤や通学自体も停止になり、外出ができ無くなれば確実に感染者の人数が減り、感染者数を緩やかにすることができる。

緩やかになれば、治療していた人が完治し、病床へ入る分と出る分が均等化され、ボトルネックが解消される。

緊急事態宣言のデメリットは?

極度に自由が奪われるかもしれない

緊急事態宣言がなされれば、国があらゆることを統制することができる。

外出が禁止されるのはもちろん、あらゆる経済活動が停止となる。

フランスを例にとって挙げるのであれば、緊急事態宣言中にできる行動は以下の通りに制限される。

  • 生活必需品の購入
  • 通院
  • 保育園や幼稚園への子供の送り迎え
  • 高齢者の手助け
  • 一人でする運動

また、外出する際に政府の提供する証明書に外出目的を書いて、携帯することが義務付けられている。目的外の行為をしている場合は罰せられる。

ただ、日本はフランスほど行動に制限をかけることができないが、それに近い統制が取られる可能性はある。

【関連記事】

オリンピックが1年間延期になったことで、ある意味強がりをしなくても良くなったので、そろそろ検査の敷居を低くする頃ではないかと考える。 検査のハードルが低くなると、必然と感染者も増えるだろう。ただ病床問題は解決しないであろうからある程度は抑制されると思うが、近い将来、首都閉鎖(ロックダウン)が起きる可能性は高いのではないか? 首都閉鎖(ロックダウン)が起きたときにいったい何が起こるのか?またもしそうなったときの為の心がけ、マナーや備えについて書いていきたいと思う。

経済に深刻な影響を与える

もし緊急事態宣言が出されれば、おそらくリモートワーク以外の仕事は禁止させられるであろう。

リモートワークを導入できる会社は、ある程度ITに精通しており、余裕のある企業に限られてしまうのが現実的ではないか。

そう考えると、ほとんどの企業の活動が実質的に停止してしまうことになる。

そうなると経済に与える影響は計り知れない。

スポンサードリンク

緊急事態宣言はいつされるだろうか?

今のところ『ギリギリ持ちこたえている』と表現されているが、先に述べた通り、感染者数を出すことがコントロールされているように見受けられる。

よっぽど重症が一気に増えたりしない限りは、しばらくこの自粛スタイルな状況が続くのでは無いかと予想する。

よって、このコントロールのような現象が続く限りは緊急事態宣言が出されないかもしれないと私は思う。

もし仮に緊急事態宣言が出されるのであれば、4月初旬のあらゆるスタートにあたるタイミングでは無いでしょうか。

【関連記事】

昨日3月30日、日本医師会がもう緊急事態宣言を出したほうが良いと国に訴えていました。 このままコロナウイルスの感染患者数が増えていくと病床の確保が難しくなり、今がギリギリの状態受け入れることができる状態であるようだ。 実際にイタリアでは患者数が急上昇することにより、病院やそこで働く医療従事者と医療機器が足りなくなり、医療崩壊を起こしている。 果たして東京はどのくらいのコロナウイルスの患者が出ると医療崩壊してしまうのか、また病院の病床数からどのくらいの人数の患者を受け入れることができるのか気になったので、調べて簡単にまとめてみました。
ここ最近、使い捨ての不織布のマスクってどこにも売ってなくて、本当になかなか手に入らないですよね。 そんなこともあってか、本日4月1日に安倍首相が布マスクを1住所あたりに2枚配布すると方針を発表しましたね。 布のマスクなんて小学生以来したことが無いのですが、「使い捨ての不織布のマスクと比べてどのくらい効果があるの?」と疑問に思い調べてみました。 布マスクと使い捨てマスクの違いと効果の差、また両方とも正しく使わないと効果が無いため、正しい使い方をまとめてみました。
WHOがパンデミックス宣言してからというもの、数々の国で経済的にも猛威をふるっています。 身近なところで言えば、数々のイベントが自粛したり、大きなところで言えば、NY市場では3度ものストップ安が引き起こるなど、世界的にも不況になりつつあります。 そんな状況で収入が減り、生活に困っている人も増えているかと思います。 このような問題を対策するために政策として、給付金を支給する国が出てきており、日本も給付金を行うという宣言があった。 果たしてこの給付金の効果があるのか?気になって調べたのをまとめてみました。
2020年4月6日、安倍首相によって実質緊急事態宣言が出されました。 対象となる全部で7都道府県(東京、埼玉、千葉、神奈川、大阪、兵庫、福岡) 東京と大阪、しかも福岡まで入っているのに何故か人口第3位の愛知県が入っていません。 『いやいやいや、おかしいでしょ』と思いましたが、なぜ愛知県は緊急事態宣言の対象から外れたのでしょうか。
スポンサーリンク
Ad




コメント

  1. 久保 より:

    本文中に何度も非常事態宣言と緊急事態宣言と出て来ていましたが、どちらかに統一しないとわかりにくいと感じました。
    現行法上では緊急事態宣言なのでそちらに統一するか、緊急事態宣言(非常事態宣言)にしてみてはいかがでしょうか。

    • arumagedon より:

      久保様

      ご指摘ありがとうございます。
      僕ログ管理人です。
      そしてせっかくのご指摘にも関わらず、返信と修正が遅くなってしまい誠に申し訳ありませんでした。

      内容をきちんと見直し「緊急事態宣言」で統一させていただきました。
      これからもどうか僕ログをよろしくお願いします。