不満投稿で小遣いを稼げるアプリ「不満買取センター」が気になる!【この差って何】

2020年5月26日に放送されるテレビ番組「この差って何ですか?」で紹介される不満を投稿することでお小遣いを稼ぐことができるアプリ「不満買取センター」が紹介されます。

いったいどういう仕組みで、実際に稼ぐことができるのか気になったので調べてみました。

スポンサードリンク

不満買取センターの仕組みは?

2015年3月からサービスを開始した不満買取センター

サービス開始してから5年と、そこそこ続いているサービスですね!

 

不満買取の仕組みはいたってシンプルです。

 

【不満買取センターの仕組み】

  1. アプリをダウンロードし、不満を投稿

  2. 不満買取センターが、アプリに投稿された不満を買い取る

  3. 不満買取センターが企業に対して利用者の意見として販売

 

使い方

一番最初に新規会員登録を行います。

会員登録はとてもシンプルです。

① メールアドレスとパスワードを設定します。

 

② 「住まい」や「生まれた年」など、簡単に自分のプロフィールを設定します。

 

これだけで不満を投稿する準備が整います。

 

一番最初は10件不満が投稿できるようでした。

どのくらいの長さの不満を投稿しないといけないのか気になったのですが、レビューサイトのように長い投稿しなければいけないということはないです。

不満の投稿最大文字数は256文字と、Twitterみたいにつぶやくように不満を投稿できる印象でした。

皆1行くらいの短文投稿で、気軽に不満を投稿しているように感じました。

なのであまりハードルは高くなく、空き時間に気軽にお小遣い稼ぎができるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

実際にどのくらい稼げる?

投稿する人の多くは5000円程度稼げているみたいです。

中には月に1万円~2万円稼ぐ人もいるだとか?

 

ちなみに不満1つで「1~10pt」程度で買い取ってくれます。

「500pt~」Amazonのギフト券と交換が可能になります。

それ以外の交換方法はありませんでした。

 

1不満平均で5ptとすると100不満投稿すると5000円くらいになりますね!

なので1日3不満ペースで投稿すると月5000円のお小遣いを稼ぐことができます!!

 

主婦の方や、お小遣いが少ない小さな学生さんには良いかもしれませんね!

まとめ

不満を投稿することでお小遣いが稼げるアプリ「不満買取センター」

その仕組みはユーザから不満を買い取り、その不満を企業へ売る代行業者の位置づけでした。

稼げる人は月に1~2万円アプリでお小遣いを稼いでる人がいるだとか。

 

もし興味のある人は、アップルストア、ないしGoogle Playストアで「不満買取センター」と検索するとアプリをダウンロードすることができます。

是非試してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

2020年3月17日(火)に放送されるテレビ番組「この差って何ですか?」で、自分のパスワードが漏洩しているかを確認できるWEBサイト『Have I been pwned』が紹介されます。 自分のパスワードが漏洩している可能性があるなんて怖いですよね… 『よし!このサイトで確認しよう!』 としたときに、本サイトは海外のサイトなので英語で書かれているので 『いまいち使い方が分からないよ!』と言う人がいるかもしれないので、 その人たちのために、サイトのリンクと自分のパスワードが漏洩しているか調べ方をまとめてみました。
2020年5月3日に放送されるテレビ番組「林先生の初耳学」で紹介される、顔の美人度をAIが判定してくれるサイト『Deeplooks<ディープルックス>』が気になったので調べてみました! 実際にDeeplooksの使い方も紹介していきたいと思います!

 

スポンサーリンク
Ad