カナダの無人島「セーブル島」の行き方は?料金や場所がどこか気になる!

2020年3月22日に放送されるテレビ番組「世界ふしぎ発見!」で紹介される『セーブル島』

フランス語でセーブルとは『砂』を意味し、砂の島と呼ばれています。

今は滞在の方のみで、実際に住んでいる人はいない無人島だとか?

何も無いかと思いきや、この島には40万を超える動物たちが多く暮らしています。

旅行を極めてくるとこういうセーブル島みたいな島に行ってみたいなって思うようになってくるものです。なので、どうやっていくのか気になって調べてみました!

スポンサードリンク

セーブル島の場所はどこ?

セーブル島の場所はここになります!
カナダにしてはだいぶ南に位置しています。

島自体の面積は34㎢ですが、端から端までの距離は20km以上ありそうです!

砂地であり、しかも雪も降ることがあるそうで、とても厳しい環境です。

セーブル島の行き方は?

セーブル島への渡航手段は、船かチャーター機しかないそうです。

チャーター機で行くのがもっとも一般的と言われています。チャーター機は7人乗りくらいの小さなものとなっています。

セブール島に行くには公式のガイドが必須となります。

セーブル島へ行くのにかかる料金は?

気になる料金ですが、1回あたり合計で1万8000円 + 飛行機代かります。
飛行機代は、人数が多ければ多いほど安くなります。
にしても結構料金かかりますね…

【内訳】

  • セーブル島へ入るのに約24ドル(約1900円)
  • 2時間ガイドで、一人あたり約150ドル(約1万2000円)
  • 1回のフライトごとに500ドル(約4万円)
  • 緊急食?50ドル(約4000円)

※ すべて現在のレートのカナダドル(77.5円)で計算しています。

ちなみに17歳以下は無料だそうです。

また、事前に訪問者登録も必要で、この島へ行くにはかなりの手間がかかりそうです。

参照元:https://www.pc.gc.ca/en/pn-np/ns/sable/visit/directions

スポンサードリンク

まとめ

希少動物がたくさんいるカナダの無人島である『セーブル島』

場所は、カナダの少し南に位置し、雪が降ることもあるくらいの寒さです。

行き方は、チャーター機で行くのが一般的であり、一人あたり最低でも1万8000円はかかるみたいです。

是非!動物がお好きな方には良い島かと思います!!

機会があれば是非!行ってみましょう!!

スポンサーリンク
Ad