カンブリア宮殿|チョーヤの手作り梅酒キット体験や梅レストランバーの場所はどこ?

2020年に放送されるテレビ番組「カンブリア宮殿」で梅酒で有名なメーカー「チョーヤ梅酒株式会社」の社長である「金銅重弘」さんが出演します!

番組内で、手作り梅酒の体験できる梅体験専門店『蝶矢』、梅レストランで料理が堪能でき、梅酒カクテル専門バーでもある『The CHOYA 銀座 BAR』が紹介されます。

その2つのお店の場所がどこなのか気になったので調べてまとめてみました!

スポンサードリンク

手作り梅酒キットでオリジナル梅酒作りが体験できる「蝶矢」


出典:Twitter

 

梅酒キットを使って、自分独自の梅酒を作りを体験することができる『蝶矢』の場所は、「京都」「鎌倉」と2つ店舗があります!!

 

手作り梅酒体験 蝶矢 京都

住所  :〒604-8117 京都府京都市中京区堀之上町108 CASA ALA MODE ROKKAKU 1F
電話番号: なし (予約や問い合わせはWEBのみ)
営業時間: 10:00 ~ 19:00
 ※ 梅酒作り体験の申し込みはこちら

 

手作り梅酒体験 蝶矢 鎌倉

住所  :〒248-0012 神奈川県鎌倉市御成町11−7
電話番号: なし (予約や問い合わせはWEBのみ)
営業時間: 10:00 ~ 19:00
 ※ 梅酒作り体験の申し込みはこちら

スポンサードリンク

どんな手作り梅酒が作れるのか?


出典:Twitter

気になる梅酒作り体験ですが、上記の梅酒キットを用いて独自のオリジナル梅酒を作ることができます!

梅や砂糖、お酒の種類が自分好みに選ぶことができ、なんと100通り以上のバリエーションがあります。

 

キットのサイズは小~大と選べるみたいですね!

 

作った手作り梅酒は、1ヵ月くらい寝かせてから飲めるようになります!

 

大人気で予約が結構埋まっているので、行かれる際はお早めにどうぞ!

スポンサードリンク

梅レストランバー『The CHOYA 銀座 BAR』


出典:食べログ

 

もう1つ番組で紹介されていた、梅料理と梅酒が堪能できるレストランバーである『The CHOYA 銀座 BAR』の場所はこちら!

 

『The CHOYA 銀座 BAR』


住所  :〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目6−5 NOCO 7F
電話番号: 03-3573-8015
営業時間: 14:00 ~ 22:00 (年中無休)
※ 全席禁煙となっています。

 

番組で紹介されていた梅ごはんなどの料理を始め、お酒もたっぷり堪能することができます!


出典:食べログ

 

このレストラン・バーでは、The CHOYAをベースとした梅酒カクテルを堪能することができます!

この『The CHOYA』ですが、創業100周年の記念に作られた梅酒で、1年熟成、3年熟成と2種類あります!

3年熟成されたものは、まるでブランデーのような、まろやかな味わいがするようです!

また、『The CHOYA』は国際的な酒類品評会(ISC)で、梅酒としては世界初となる金賞を受賞しているお酒となります!

 

是非!『The CHOYA 銀座 BAR』に行かれた際はこの梅酒を堪能してみてください!!

スポンサードリンク

まとめ

カンブリア宮殿の番組内で紹介された梅酒キットを用いて梅酒作りを体験できる『蝶矢』

蝶矢は京都と鎌倉にそれぞれお店がありました!

 

また、梅料理や梅酒カクテルを堪能できる『The CHOYA 銀座 BAR』はお店の名前の通り銀座にあります!

 

それぞれ非常に興味深いお店となっています!

是非足を運んでみて、梅酒を堪能してみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

2020年5月20日に放送されるテレビ番組「カンブリア宮殿」でスマイルサークルの社長である「岩城紀子」さんが出演します! 岩城さんは日本一美味しいと確信した美味しい食べ物だけを売るセレクトショップを経営しています。 そんな美味しい食品買ってみたいと思ってセレクトショップの場所を調べてみました!
2020年2月27日に放送されるカンブリア宮殿で出演する八代目儀兵衛の社長である橋本隆志さん。 橋本さんのブレンドするお米は、世界も唸らせるミシュラン三つ星店にも卸しています。そんな橋本さんの京都と銀座にある米料亭に毎日お客さんが殺到! そんな橋本さんのお米を食べに行くのにはちょっと遠くてね・・・というあなたの為に(私も含め)、5つ星お米マイスターの橋本隆志さんのブレンド米を買えるお店を探してみました! また橋本さんの生み出したブレンド米、ブレンド米って何が良いのか?そのメリットも併せて書いていきたいと思います!!
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする